人妻デリヘルコラム

人妻デリヘル 純愛恋華はお役立ち風俗情報サイトです

風俗のNGワードとNG行動

こんな質問はしてはいけない

風俗とは接客業のひとつであることから、常に笑顔で接客をしてくれます。
特に指名ナンバーワンになるような風俗嬢は接客態度が良く、これによって指名を集めているのです。
しかし、いくら笑顔の風俗嬢が相手だったとしても、何をやっても許されるわけではありません。
風俗ではプレイが始まる前やプレイ終了後にトークをするものですが、そのトークでも注意が必要なのです。
特に気をつけたいのは「なんで風俗の仕事をしているの?」と質問。
もちろん、誰もが何かしらの事情を抱えて風俗嬢として働いていますが、それはオープンにしづらいものです。
どれだけ気になったとしても決して、働いている理由を聞いてはいけません。
そして、「どこに住んでいるの?」など個人の特定に繋がるような質問も避けましょう。

紳士的な気遣いを見せる

風俗嬢にとって自分はお客さんという立場ですが、そこで偉そうな態度をとってはいけません。
ある程度であれば風俗嬢も笑顔で対応してくれますが、心の中では「面倒なお客だな」と考えているもの。
こうなってしまうとプレイも雑になってしまい、せっかくの風俗遊びが全く楽しめなくなってしまうのです。
そのため、風俗嬢に対しては紳士的な行動をとるようにしましょう。
具体的には「ありがとう」という言葉を添えることです。
風俗では必ずプレイ前とプレイ後にシャワーを浴びますが、そこでタオルを取ってもらった時などに「ありがとう」と言うようにしてください。
これは当然のことですが、中には「自分はお客だから」という態度をとるお客さんもいるのです。
そのため、こういったひと言を添えるだけで喜んでもらえるでしょう。

自分のテクを過信してはダメ

風俗の楽しみ方は男性によってさまざまですが、中には女性を責めたがる男性もいることでしょう。
確かにこれも楽しみ方のひとつなのですが、それはあまりおすすめ出来ません。
こういったお客さんは自分のテクニックに自信を持っていますが、それが通用するとは限らないのです。
女性によっては好きな男性意外では感じないタイプも多く、感じるどころか逆に痛くなることもあります。
こういったテクニックを過信しているタイプは、AV男優のように激しい責めをするものです。
しかし、AVのプレイはエンターテイメント性を追求しているので、どうしても見栄えの良い派手なプレイを行っています。
さらに、AVでは演出も行っているので女性も大きなリアクションをするもの。
それを勘違いしてはいけません。